オクショクブンカの細道カラダシゴトマナビタビハヤリ
総合トップページトップ新着情報今日は何の日
カタログギフト専門店【全国送料無料】

お歳暮を贈る相手の選別 その3

お歳暮は、必ず贈らなければならないという決まりはありません。
しかし、基本的に直属の上司や日頃からお世話になっている方々へ贈るのは、社会人としては当然の務めです。

その一方で、そういった風習に対して疑問を唱えている人も少なくないようです。
人に対しての感謝が半ば押し付けられている形になっており、それが果たして本当に感謝の意を示す事になるのかどうか、という考えですね。
それもまた正しいと言えます。
そういった思想を持っている方が社長であったり先生であったりする場合、その会社や教室では、あえてお歳暮を禁止しているところもあるようです。

また、職種の事情でお歳暮の受け取りを禁じているというところもあります。
裁判官などの、社会的に公平性を持続させておく必要のある職業がそうですね。
名目上は医者や警察官なんかもこの範疇に入るかと思います。
お医者さんgif
そういった職業の方に対して、お歳暮を贈るというのは、逆に失礼にあたります。
必ず事前に確かめておきましょう。

お歳暮は、ただ贈れば良いというものではありません。
その相手にとって、贈る事が最良なのか、という事を考える事が、一番の感謝の意を示す行為と言えます。
ですから、事情によって贈る事ができない相手に対しては、感謝の意を言葉にして贈る事が望ましいでしょう。
手紙などを贈ってみるのも良いのではないでしょうか。
感謝の言葉をしたためた手紙は、ものを贈る以上に相手に伝わるものがあるかもしれません。






関連リンク⇒お歳暮Q&A




posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 14:11 | Comment(0) | お歳暮を贈る相手の選別 その1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
カタログギフト専門店【全国送料無料】
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。