オクショクブンカの細道カラダシゴトマナビタビハヤリ
総合トップページトップ新着情報今日は何の日
カタログギフト専門店【全国送料無料】

お歳暮を贈る相手の選別 その1

お歳暮を贈る場合、誰に対して送るかという点が第一に問題として挙げられるのではないでしょうか。
お歳暮というのは、その一年間にお世話になった人に対しての感謝の意を示す行事です。
逸れは逆を言えば、送らなかった人に対しては感謝をしていない、ありがたいと思っていなかったと取られるのでは・・・という不安が付きまといます。
これが、お歳暮を難しくしている、世の奥様方を悩ませている原因と言えるでしょう。

では、お歳暮を贈る相手は、どのようにして決めたら良いのでしょうか。

okurimono.shs
まず、重視すべき点は、継続してお世話になっており、今後もお世話になる人である、という点です。
一番身近なのは、直属の上司という事になりますね。
社会人である以上、直属の上司に対してお歳暮を贈るのは、義務に限りなく等しいくらい大事な事です。
上司に送らないというのは、さすがに失礼に値するでしょう。

お歳暮は、基本的に単発ではなく継続して送る事に意義があるといわれています。
よって、まず注視すべき点は、今後も送り続ける相手かどうか、という点です。
上司は、その後も間違いなくお世話になっていく相手。
そういった打算がなくとも、日頃お仕事でお世話になっている目上の方に対してお礼と感謝を送るのは当然のマナーと言えます。
あまり上司にお歳暮を贈るかどうかで悩む人はいないかと思いますが、直属の上司の方に対しては確実に贈るようにしましょう。
くれぐれも、失礼のないように気をつけましょう。


京橋ワインリカーショップ


posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 15:52 | Comment(0) | お歳暮を贈る相手の選別 その1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
カタログギフト専門店【全国送料無料】
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。