オクショクブンカの細道カラダシゴトマナビタビハヤリ
総合トップページトップ新着情報今日は何の日
カタログギフト専門店【全国送料無料】

お歳暮におけるマナー 受け取る場合その3

自分がお歳暮を贈っていない相手からお歳暮を頂いた場合、お返しをしようかと考える方が多いかと思います。
当然ですよね。
相手が仕事上の部下であるなど、明らかに自分が目上の場合だったらまだしも、親戚の方などから頂いたままでいるというのは、気まずさも出てきますし、申し訳ない気持ちになるでしょう。

筆不精であまり年賀状を出さない人でも、いざ頂いたとなると、慌てて筆を取りますよね。
それと同じで、お歳暮も頂いたらすぐにお返しをするかというと、実際にはしなくても良い、というのが正解です。

頂いた物に対して、品物で返すというのは、礼儀を遵守しているようで、そうとも限りません。
というのも、相手方が気を使うからです。
自分が送ったばっかりに、気を使わせてお金まで使わせてしまった……と、そこまで考える方が何処までいるのかはわかりませんが、そういう感情を抱く人がいる事は事実です。
それが果たして礼儀を尽くしたと言えるかというと、疑問の残るところです。

では、どうすれば良いのでしょう。
答えは簡単です。
お礼状を出せば良いのです。
お礼状を出す事で、感謝の意を示し、礼を尽くせば、それで問題ありません。

お歳暮とは、感謝の意を示す贈り物です。
よって、感謝に対しては感謝で返す。
これこそが礼儀と言えるでしょう。
品物である事、品物の値段は、あくまでもその形態の一つ。
品物に対して品物を返さなくてはならないという事はありません。
むしろ、送っていただいた物の感想などを添えたお礼状の方が喜ばれる事も少なくありません。

posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
カタログギフト専門店【全国送料無料】
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。