オクショクブンカの細道カラダシゴトマナビタビハヤリ
総合トップページトップ新着情報今日は何の日
カタログギフト専門店【全国送料無料】

お歳暮におけるマナー 特殊な時期の場合

お歳暮というと、基本的には感謝の意を示す為の物なのですが、年末年始の時期に贈る事から、どこかお祝いという印象を抱いている方も多いのではないでしょうか。
それ故に、贈る相手が特殊な状況にある場合、果たして贈って良いのかと悩む事も多いそうです。

例えば、贈る相手が喪中の場合。
当然、こんな時期にお祝いを贈るなんて事は非常識極まりない行為です。
ここで、お歳暮を贈るべきかどうか悩むという状態が発生します。
また、自分のところが喪中であるというケースでも、果たして今の状況でお歳暮を贈って良いかどうか悩む、というケースもあります。

実際、難しいところではあります。
喪中にお届けものがあった場合、そのお返しやお礼にまで頭が回らないのでは、というふうに気を遣う事も考えられますし、相手方もお礼を言いにくいのでは、と考えるのは、自然な事といえます。
果たして、喪中にお歳暮を贈っても良いのでしょうか?

結論からいうと、贈っても問題はありません。
まず前提として、お歳暮はお祝いではありません。
この観点からは、失礼に当たるという事にはなりませんので、問題はないでしょう。

ただ、お歳暮に限らず、贈り物の原則は「相手の事を考えること」です。
もし相手方が四十九日前後の時期であったならば、贈り物をするとかえって煩わしさを与えてしまう事になりかねません。
相手方にとって迷惑になると判断した場合は、贈るのを控えるという事も重要です。

また、中にはお歳暮をお祝いと勘違いしている方もいるようなので、余計な摩擦を避けたい場合は、寒中見舞いという形で贈ると良いでしょう。
posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
カタログギフト専門店【全国送料無料】
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。