オクショクブンカの細道カラダシゴトマナビタビハヤリ
総合トップページトップ新着情報今日は何の日
カタログギフト専門店【全国送料無料】

お歳暮におけるマナー

お歳暮を贈るにあたって、ただ物を贈ればいい、と考えている人は意外と多いようです。
実際、贈ることに意義がある、というのには一理あります。
例えそれほど高価なものでなくても、お歳暮を贈ったという行為が誠意とみなされますし、それ自体はなんら間違いではありません。

しかし、何事においても礼儀、マナーは存在しているものです。
それはお歳暮であっても例外ではなく、むしろお歳暮は数多くのマナーが存在しているといっても過言ではないでしょう。
もし、それらのマナーを無視し、本当に「ただ贈っているだけ」ということになれば、逆に失礼にあたるなど、相手から不快に思われることも少なくありません。
せっかくお金を出して贈っているというのに、悪く思われるだけなんて、ナンセンスとしか言いようがありません。
自分にとっても相手にとっても不幸です。

では、お歳暮におけるマナーとは、一体どういうものなのでしょう。
いくつかご紹介していきます。

まずは、贈る相手の事を考えること。
これが第一です。
まず、贈る相手がお歳暮をどう思っているか。
中には、お歳暮を受け取ることが、かえって気を使うので苦痛だ、という人もいます。
そういう人に対してお歳暮を贈るというのは、失礼にあたると考えましょう。

一度目は致し方ありません。
ただ、その反応をしっかり確認しておく必要があります。
明らかに迷惑そうだったら、次からは贈るのを控えましょう。
また、周りからその人がお歳暮をどう思っているかを聞いておくのも良いでしょう。
決して独りよがりにならないようにする必要があります。



posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
カタログギフト専門店【全国送料無料】
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。