オクショクブンカの細道カラダシゴトマナビタビハヤリ
総合トップページトップ新着情報今日は何の日
カタログギフト専門店【全国送料無料】

贈る相手の選別 (1)

贈る相手の選別(1)
お歳暮お中元Q&A





お歳暮やお中元を贈る場合、誰に対して送るかという点が第一に問題として挙げられるのではないでしょうか。
お歳暮やお中元というのは、日頃お世話になった人に対しての感謝の意を示す行事です。
逸れは逆を言えば、送らなかった人に対しては感謝をしていない、ありがたいと思っていなかったと取られるのでは・・・という不安が付きまといます。
これが、お歳暮やお中元を難しくしている、世の奥様方を悩ませている原因と言えるでしょう。

では、お歳暮やお中元を贈る相手は、どのようにして決めたら良いのでしょうか。

まず、重視すべき点は、継続してお世話になっており、今後もお世話になる人である、という点です。
一番身近なのは、直属の上司という事になりますね。
社会人である以上、直属の上司に対して贈るのは、義務に限りなく等しいくらい大事な事です。
上司に送らないというのは、さすがに失礼に値するでしょう。

お歳暮やお中元は、基本的に単発ではなく継続して送る事に意義があるといわれています。
よって、まず注視すべき点は、今後も送り続ける相手かどうか、という点です。
上司は、その後も間違いなくお世話になっていく相手。
そういった打算がなくとも、日頃お仕事でお世話になっている目上の方に対してお礼と感謝を送るのは当然のマナーと言えます。
あまり上司にお歳暮やお中元を贈るかどうかで悩む人はいないかと思いますが、直属の上司の方に対しては確実に贈るようにしましょう。
くれぐれも、失礼のないように気をつけましょう。





posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 14:34 | Comment(0) | お歳暮やお中元 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お歳暮の起源

お歳暮の起源
お歳暮とお中元Q&A


生きるお中元お歳暮 (淡交ムック―遊美シリーズ)

生きるお中元お歳暮 (淡交ムック―遊美シリーズ)

  • 作者: 山田 節子
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


お歳暮とは、年の暮れにお世話になった人たちに対して、感謝の意を示す為に贈り物をする風習の事です。
年末になると、お歳暮用の商品がデパートやスーパーに立ち並ぶようになり、これを見て「ああ、もう年末なのだなあ」と感じる方も少なくないのではないでしょうか。

実際、家庭を持っている人、社会に出ている人にとっては、お歳暮はとても重要な事項です。
上司や恩師にお歳暮を贈らない事は、失礼にあたるというのが現在の社会の一般的な通念だからです。
とはいえ、元々お歳暮という風習は、そういったものではありませんでした。

お歳暮は元々、正月にご先祖様の霊魂を迎え、御魂祭のお供え物となる物を本家に暮れの間に届ける、というものでした。
しかし、それが今ではお世話になった人に贈り物をするという風習になっています。
先祖を鎮める行事が、何故このように変化したのでしょう。
それには、盆や暮れの時期に決済を行っていた商人達の風習が関係しています。
彼等は決済を行うにあたり、商売上お世話になった方々に対して贈り物をしていました。
これがそのまま現在の風習になっていったと言われています。

お歳暮は、普段お世話になっている人への感謝を示すという意味では、非常に意義のある風習です。
ただ、あまりに数が多過ぎると、家計を圧迫する事になりかねません。
その辺りの兼ね合いが非常に難しく、世のお母さん方はやりくりに相当苦労しているかと思います。
そういう意味では、結構悩ましい行事と言えるかもしれませんね。



posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 15:52 | Comment(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お歳暮を贈る相手の選別 その3

お歳暮は、必ず贈らなければならないという決まりはありません。
しかし、基本的に直属の上司や日頃からお世話になっている方々へ贈るのは、社会人としては当然の務めです。

その一方で、そういった風習に対して疑問を唱えている人も少なくないようです。
人に対しての感謝が半ば押し付けられている形になっており、それが果たして本当に感謝の意を示す事になるのかどうか、という考えですね。
それもまた正しいと言えます。
そういった思想を持っている方が社長であったり先生であったりする場合、その会社や教室では、あえてお歳暮を禁止しているところもあるようです。

また、職種の事情でお歳暮の受け取りを禁じているというところもあります。
裁判官などの、社会的に公平性を持続させておく必要のある職業がそうですね。
名目上は医者や警察官なんかもこの範疇に入るかと思います。
お医者さんgif
そういった職業の方に対して、お歳暮を贈るというのは、逆に失礼にあたります。
必ず事前に確かめておきましょう。

お歳暮は、ただ贈れば良いというものではありません。
その相手にとって、贈る事が最良なのか、という事を考える事が、一番の感謝の意を示す行為と言えます。
ですから、事情によって贈る事ができない相手に対しては、感謝の意を言葉にして贈る事が望ましいでしょう。
手紙などを贈ってみるのも良いのではないでしょうか。
感謝の言葉をしたためた手紙は、ものを贈る以上に相手に伝わるものがあるかもしれません。






関連リンク⇒お歳暮Q&A




posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 14:11 | Comment(0) | お歳暮を贈る相手の選別 その1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お歳暮を贈る相手の選別 その2

会社の上司以外で、お歳暮を確実に贈っておくべきなのは、仲人をしてくれた方です。
家族を持っている方ならば、当然仲人を引き受けてくれた方がいる事になります。
その人に対しては、常に敬意を表し、今現在家族が成り立っているのはその方のお陰だという感謝の意を毎年しっかり形にする事で、社会人として、あるいは人としての筋をしっかり立てられると言えるでしょう。

くさかりさん.gif

仲人を勤めて下さった方が直属の上司であれば、ある意味楽ですね。
お歳暮を贈る対象が一括されますから。
それが例えば恩師であった場合でも同様です。

恩師という間柄の場合、例えば小中高の担任の先生という場合は、とてもお世話になった場合、あるいは卒業後も家族ぐるみでお付き合いしている場合を除き、贈る必要はないでしょう。
というか、贈っていたらキリがありませんし、贈られる方もキリがありません。
なにしろ教師というのは、年に何十人もの生徒を見るわけですから、その教え子全ての家庭からお歳暮を贈られた日には、とんでもない事になってしまいます。

習い事をしている場合は、その先生に対して贈るというのは、非常に大事な事です。
もちろん、感謝の意を込めてという点も大事ですが、コミュニケーションの一環として、お歳暮を贈るという意味合いもあります。
日頃から親しくしている場合であれば尚更ですね。
習い事というのは、その分野の技術を教えてもらうだけでなく、精神面での修養であったり、人生観の確率であったり、交流であったり、人間力を養う場でもあります。
よって、その一環としてお歳暮を贈ることで、人間力を高める事にも繋がります。

関連リンク⇒お歳暮Q&A


全国酒類コンクールビール部門優勝!八ヶ岳地ビール【タッチダウン】

上司より先に帰ったらダメですか?
posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 11:28 | Comment(0) | お歳暮を贈る相手の選別 その2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お歳暮を贈る相手の選別 その1

お歳暮を贈る場合、誰に対して送るかという点が第一に問題として挙げられるのではないでしょうか。
お歳暮というのは、その一年間にお世話になった人に対しての感謝の意を示す行事です。
逸れは逆を言えば、送らなかった人に対しては感謝をしていない、ありがたいと思っていなかったと取られるのでは・・・という不安が付きまといます。
これが、お歳暮を難しくしている、世の奥様方を悩ませている原因と言えるでしょう。

では、お歳暮を贈る相手は、どのようにして決めたら良いのでしょうか。

okurimono.shs
まず、重視すべき点は、継続してお世話になっており、今後もお世話になる人である、という点です。
一番身近なのは、直属の上司という事になりますね。
社会人である以上、直属の上司に対してお歳暮を贈るのは、義務に限りなく等しいくらい大事な事です。
上司に送らないというのは、さすがに失礼に値するでしょう。

お歳暮は、基本的に単発ではなく継続して送る事に意義があるといわれています。
よって、まず注視すべき点は、今後も送り続ける相手かどうか、という点です。
上司は、その後も間違いなくお世話になっていく相手。
そういった打算がなくとも、日頃お仕事でお世話になっている目上の方に対してお礼と感謝を送るのは当然のマナーと言えます。
あまり上司にお歳暮を贈るかどうかで悩む人はいないかと思いますが、直属の上司の方に対しては確実に贈るようにしましょう。
くれぐれも、失礼のないように気をつけましょう。


京橋ワインリカーショップ


posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 15:52 | Comment(0) | お歳暮を贈る相手の選別 その1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お歳暮人気ランキング 食べ物部門

お歳暮を贈る際は、タオルや洗剤など、消費期限のない物を選ぶ人も多いようです。
ただ、やはり食べ物類が一番多いのではないでしょうか。
食というのは、万人が喜ぶもの。
そこで、食品に限定した貰って嬉しいお歳暮ランキングをご紹介します。

まずはgooのランキングから。
1位は意外にもハム・ソーセージです。
賞味期限が比較的長い食品という事での1位ということかもしれません。
とはいえ、ハムはお歳暮の定番メニュー。
この時期にしか食べない家庭も多いのでしょう。

2位は和牛。
一転してコテコテの生物ですが、やはりこれもこういった時期でないとなかなか食べられないというのが共通認識としてあるのでしょう。

3位はカニ。
冬場、そして高級品。
お歳暮に好まれる食品は、基本的に高いもの、というのがこの結果からわかります。

次に、高齢者向けの「STAGE」というサイトから、「50歳以上が選ぶ もらって嬉しいお歳暮」ランキングを見ていきます。

ここで1位に選ばれているのは、珍味、特産品。
さすがに50歳を越えると、大抵の食品は食べつくしているもの。
既にわかっているおいしいものより、まだ見ぬ珍しいものが良いという結果です。
珍しいものへの好奇心は、年を重ねても変わらないという事ですね。

2位はカニ。
一転して定番メニューです。
カニの場合、身を取り出すのに一苦労しますが、身が柔らかいので、食べやすいというのも理由の一つに挙げられるでしょう。

3位は和牛。
この辺りは、年齢に関係なく人気がある、という事でしょうね。

以下、お年寄りならではという食品としては、9位の米が挙げられます。
毎日食べるものなので間違いがない、というところでしょう



posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お歳暮人気ランキング 贈ってあげたいお歳暮

贈ってもらいたいお歳暮ランキングでは、商品券やカタログといった自己セレクト型、お菓子やハムなどの食品が人気です。
では、逆に贈りたいお歳暮ランキングでは、どういった商品が上位にくるのでしょう。
gooの売れ筋ランキングを参考に、検討していきましょう。

まず、第1位は地ビールセット。
これは、地元の特産と人気の酒類である事を考慮すると、妥当な結果かと思います。
お歳暮も贈り物ですから、地域名産品が人気というのは頷けますし、値段的にも手ごろで贈り手としては贈りやすいのでしょう。

2位は鍋セット。
これは時期的な物ですね。
お歳暮を贈るのは年末年始ですから、この寒い時期には鍋が合うだろう、という事で買い求める方が多いようです。

3位は大間の本まぐろ。
まぐろも、この時期が旬という理由でしょう。
ただ、もらい手側からすると、生物はちょっと受け取りにくいというのが本音かもしれません。
この辺りに、贈り手ともらい手の意識の差が現れています。

4位にはフォンダンショコラ。
これは大きくお菓子と解釈して良いかと思います。
お菓子は、万人受けするのと、日持ちが良いということで、贈り手にももらい手にも人気があります。
もし相手方が甘いものが苦手でないのならば、有力なお歳暮用商品といえるでしょう。

このほか、ハム、ビールや焼酎、カニなどが上位に入っています。

これらから見える特徴は、贈り手としては時期を考慮しているケースが多いという事ですね。
寒い時期ならではの物が喜ばれるのでは、という意識が見えます。
一方、もらって嬉しいランキングには、そういった品はあまり見かけません。
もらう側からしたら、そこまで深く考えなくても良いという事なのでしょう。



posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お歳暮人気ランキング もらったら嬉しいお歳暮

お歳暮を贈る際、一体どういったものが喜ばれるか、悩む事もあるかと思います。
無論、相手方の好み、あるいは苦手なもの、といったところをしっかり考慮した上で選ぶ必要があるのですが、それを考慮した段階でも、選択できる商品は山のようにあるでしょう。
その中からどれを選べば喜ばれるかというのは、なかなかわからないものです。

そこで、利用したいのがインターネット上にあるランキングサイト。
お歳暮に関するアンケートを取っているサイトがいくつかあるので、その中から厳選して「貰ったら嬉しいお歳暮」のランキングを紹介します。

まずはgoo。
検索エンジンとして有名なこのgooの「もらったら嬉しい」お歳暮ランキングでは、ダントツで商品券が1位です。
夢がない結果ですが、これが偽りない気持ちなのでしょう。
2位も、カタログギフト。
これは、カタログを受け取り、そのカタログの中から好きな商品を選ぶという、最近流行のギフトタイプです。
この1位と2位に共通しているのは、自分で好きなものを選べるという点。
やはり、自分の好みのものは自分で選ぶ、というのが一番無難という事ですね。

次に、ライブドアのランキング。
こちらでは、カタログや商品券を押さえお菓子、ハム、洗剤が上位にきています。
お菓子はお子さんからお年寄りの方まで食べられますし、ハムはこういったときくらいしかなかなか食べられない、といった理由のようですね。

さらには、iMiリサーチバンク。
アンケートをウェブ上で頻繁に取っているサイトです。
ここのランキングでは、酒類が堂々の1位を獲得しています。
お酒好きの方にとっては、日持ちもするし、どうせ買うから出費が浮くしと良い事ずくめなのでしょう。



posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お歳暮におけるマナー 受け取る場合その9

お歳暮を贈る場合、基本的にはどうしても現在お世話になっている方を優先する事になりますよね。
逆に言えば、かつてお世話になったが、現在は疎遠になっているという方に関しては、お歳暮を贈る事を止めた方が良いのか、という思いに駆られることもあるかと思います。
さほど親しくない相手からお歳暮が届くたびに、お礼の手紙を書いたり電話をしたりと気を使わせるのも、あまり好ましくないことといえます。
そういった場合、どうやって贈るのを止めれば良いのでしょう。
いきなりパタっと止めてしまうのも、失礼に当たるのではと思ってしまいますよね。

実際、前触れもなくいきなりお歳暮を贈るのをやめるというのは、礼を失している行為といえます。
相手方にしても、あまり良い気はしないでしょう。
そこで、少しずつ薄めていく、という手法が有効となってきます。

まず、お中元とお歳暮を贈っている場合、お中元のみを止め、暑中見舞いの葉書のみを出すようにします。
この年は、お歳暮は通常通り贈ります。
次の年は、お歳暮の金額を抑えます。
5,000円使っていた場合は3,000円くらいにすれば良いでしょう。
そして、次の年には寒中見舞いの葉書のみにする、といった形ですね。
段階を踏む事で、失礼のない止め方を行う事ができます。

生きているうちには、どれだけお世話になった方であっても疎遠になることはあると思います。
特に、血のつながりがない方に関しては、疎遠にならない方が珍しいでしょう。
その代わり、新しくお世話になる方も増えていきます。
そういった方々と上手く付き合っていくには、こういった事も必要となってくるのです。



posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お歳暮におけるマナー 受け取る場合その8

お歳暮が自分の、または家族の元に届けられるというのは、非常にありがたい事です。
お歳暮は礼儀として、あるいはもっというと形式的な物として出すものであり、それは本当にまごころがこもっているかというのはわかりません。
とはいえ、少なくとも送り先の相手が礼を尽くした事には間違いなく、さらには出費までしてそれを贈っているわけですから、素直にありがたく受け取るのが通例です。

しかし、中にはどうしても受け取るわけにはいかないケースもあるようです。
例えば、自分が公的な立場を必要とされる職業についていたとします。
その際に、お歳暮を頂く事のできない相手方というものがどうしても出てきます。
そういった相手に贈って頂いた場合、どうすれば良いのでしょう?

一番無難なのは、まず配達業者の方が送ってきた時点で送り先、相手方の名前を確認し、その時点で受け取りを拒否するというものです。
もちろん、その際には配達の方に対して事情を説明して、持ち帰ってもらうようにしましょう。
そうする事で、その品は相手方に送り返されることとなります。

ただ、そのままでは失礼に当たります。
相手方が必ずしもその意図を解せず、再度贈ろうと試みたり、失礼な人だと思われる可能性もあるからです。
それを回避するには、お礼状を贈るべきです。
お気持ちは受け取りました、しかし立場上受け取れません、申し訳ありませんでした、といった内容のお手紙を送れば、ご理解いただけるかと思います。

配達業者から受け取ってしまった場合は、開封せずに送り返しましょう。
その際に説明を添えたお礼状を同封する事を忘れないように。

中には、頂いた物より高額な品をお返しに出して、暗に不本意なお歳暮だったとほのめかす手法もあるようですが、お金がかかる上に必ずしも伝わるとは限らないので、あまりお勧めはできません。



posted by お歳暮 お中元 記録の細道 at 17:00 | Comment(0) | お歳暮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カタログギフト専門店【全国送料無料】
安い快適楽天BB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。